雑記

しそ雑記

文章から心を読み取るだなんて

私はあなたの心を読むことができないし、あなたは私の心を完全には読むことができない。

 

文章からだって繊細な心の動きや感情を読み取ることができる、なんて国語の教科書に掲載された解説文みたいなことを言うのかな。でもそれは国語の教科書に乗るような、素直な(あるいは作者が想定していない考えを「答え」として重ねた)文章だからこそ行えるのだと思う。

例えば、精神が自分でもまともな状態にないと分かっている人間が、世間に対して恨み言と愚痴を書いたような文章が果たして「素直な」文章になるのだろうか?文章にするまでもない小さな、されどそれを理解していれば見方が変わってしまうような事実を隠したり。怨み辛みを過剰に表現したいが為に大げさな表現を付け足したり。

時にはそういった足し引きが文章の魅力を引き立てることになったりして。無意識の内に、それに自分でも気が付かないようなふりをしているんじゃないかな。なーんて、ね、自虐なんですよ、これ。なんか笑っちゃいますよね。

ただ雑に置いた文章を読んだだけでは私の心、感情、内面を全て知ることはできない。だって意図的に悪意なく混ざり物にしてるんだもの。みんなだってそうでしょ。

 

しかし、まあ、1つ2つくらいは読めたりしちゃって。「言いたいことは解らないけれども、きっと◯◯なんだろうな」って感覚。私は、それだけ伝わっていれば文章を書いた意味があるって思ったんだよ。

今までにこの鬱々とした内容しか無いブログの記事を読んでくれた人は累計で300人くらいだそうだ。そのうち20人くらいは私自身のアクセスだろうけどね。一体、どうしてあれらの記事を読もうと思ったのだろう。途中で帰っちゃうのが一番オススメなんだけどな。

たった数十人かもしれないし、もしかしたら1人かもしれない。でも私の書いた文章を確かに読んでくれた人が居て、私がどんなことを思っていたのか、なんて無駄なことを一瞬でも思考してくれた人がいるならば、少しは幸せになれます。

もう思い残すことなんかネットに漂う私の文章や捨てたアカウント達の行方くらいしか無いんだ。私は私がちゃんと文章になる文章を書けるうちに、少しでも意味の持った文章を書ける内に、ここだけじゃなく色んな場所で書いた文を読んでくれた、たくさんの人に、何かを言いたい。時には貶されたり無視されたりもあったけど、感想をくれたり、面白いって言ってくれたり。ここじゃ独り言にしかならないから言わないんだけどさ。

 

私はあなたの心を読むことができないし、あなたは私の心を完全には読むことができない?本当にそうかな。文章にしてあなたに伝えたら、もしかしたら奇跡的な偶然で、本当に伝えたいと思ったことが伝わっちゃうかもしれない。

どうかな。伝わっちゃった?

 

別に伝わって無くても、ここまで、今まで。私の文章を読んでくれてありがとう。